もしかして椎間板ヘルニアかもなら名古屋の鍼灸治療院へ

ヘルニア

椎間板ヘルニアになった時の治療方法

椎間板ヘルニアになったら、早めに名古屋の医療機関で適切な治療を受けることがおすすめです。治療には、薬で痛みを和らげる、筋肉をつけるなどの方法のほか、手術という方法もあります。手術と聞くと、長く入院をしなければいけないのではないかと、不安に感じる人もいるでしょう。しかし、重度の椎間板ヘルニアでない限り、日帰りとなることが殆どで、入院になっても1泊程度が一般的です。
手術後、3日程度は安静にしている必要がありますが、デスクワークのように体に負担が少ない仕事であれば翌日から働くことが可能となっていることもあります。仕事を再開できるまでの期間に不安があるのであれば、カウンセリングの時にしっかりと確認しておくと良いでしょう。名古屋には、椎間板ヘルニアの治療を行う医療機関が多くあります。そのため、期間に対して納得できない場合、名古屋の他の医療機関で再びカウンセリングを受けてみるというのも良いでしょう。
切って行う椎間板ヘルニアの手術の場合、傷跡が残ることになります。ただ、切る大きさは手術によって異なり、手術の方法によっては1.6cm程度しか傷跡が残りません。そのため、体に傷跡が残ってしまうのではないかと不安に感じる人でも、安心して手術を受けることができます。

名古屋の鍼灸治療院での施術の流れについて

椎間板ヘルニアは椎間板がつぶれ変形してしまい、神経を圧迫することで大きな痛みや手足の痺れなどが発症し場合によっては歩行も困難になることもあります。名古屋に在住で椎間板ヘルニアに悩んでいる方は放っておくと酷くなる一方ですので、一度鍼灸治療院で診てもらうことをオススメします。
名古屋には鍼灸治療院がたくさんあり、マッサージや整体とはまた違う効果が得られます。鍼灸治療院の主な流れはネットや電話で予約し、当日治療院で予診票に症状や過去にかかった病気や怪我などの記入を行い、医師のもとで問診や現状把握などのカウンセリングを行います。その後服装によっては治療院で準備されている服に着替えて症状に合った施術を行います。
鍼灸は痛々しいイメージがある方が多いと思いますが、思っているほどの痛みはありません。症状によっては刺激を増やすこともありますが、辛い場合はしっかり対応して貰えますので安心です。治療が終わったら今後の治療について説明してもらい、終わりとなります。とくに椎間板ヘルニアは症状によりますが一度の鍼灸治療で完治するものではありません。回数行うことで徐々に身体の変化がわかってきますので、長い時間かけて行うことが必要です。名古屋の鍼灸治療院は女性スタッフも多く女性でも通いやすい治療院が多いですので男女ともに利用してみてください。

椎間板ヘルニアは名古屋でも治療する所がたくさんあります

椎間板ヘルニアは椎間板と呼ばれる骨同士の間のクッションの部分が元の位置から飛び出してしまい、足に通じる神経に接触し、影響を及ぼす病気です。椎間板ヘルニアの発症原因には姿勢や体質、加齢などが関わってきます。
椎間板ヘルニアに対する治療は大きく保存療法と手術療法に分けられます。大体の場合、最初は手術ではなく、保存療法から入る事になります。保存療法では局所麻酔やステロイド薬を注射する事で痛みを和らげる神経ブロックや、非ステロイド薬や筋弛緩剤を利用した痛みの抑制をする薬物療法、体操や専用の器具を使って体を引っ張る理学療法といったものがあります。椎間板ヘルニアでの手術療法には切開手術とレーザー手術があります。切開手術は背中を切除した上でヘルニアを切除する後方椎間板切除術、骨を金属で固定する椎間固定術、背中を切開せずにヘルニアを切除する経皮的椎間板療法があります。レーザー手術はレーザーで椎間板に空洞を作り、圧力を下げる治療です。
切開手術は成功率が60パーセントほど、レーザー手術は成功率が80パーセントほどと言われています。名古屋ではどちらの治療法も行われており、名古屋市交通局などの公共交通機関でのアクセスが良い場所にも治療場所がありますので地元の方だけでなく、名古屋以外からいらっしゃる方にも安心です。

MENU