もしかして椎間板ヘルニアかもなら名古屋の鍼灸治療院へ

ヘルニア

椎間板ヘルニアはどんな症状が出る?

施術用のベッド

ヘルニアと聞いて真っ先に思い浮かべるであろう「椎間板ヘルニア」 。私たち一般人だけでなく、スポーツ選手などが発症しやすいと言われる椎間板ヘルニアとは、
どのような症状が出るのでしょうか?
椎間板ヘルニアとは、どんな方でも発症する可能性のあるものです。
腰部分の背骨のクッション部分である椎間板という軟骨が飛び出し、神経を圧迫していること原因となっています。
どんな症状が現れるのかというと、神経を圧迫したことによる痺れや痛みなどが主な症状となります。
ヘルニアとなった部分でどの部位に痺れや痛みが出るのかが変わるものの、
腕や足をはじめとして、首や肩などほぼ全身に症状が現れる可能性があることが特徴となります。
腰の部分の腰椎部分はしゃがんだり体を捻ったりする際に大きな負担がかかる部位のため、 特に椎間板ヘルニアになりやすい部位となっています。
この部分が椎間板ヘルニアとなると、腰、おしりから足先にかけて痛みや痺れなどが発生します。
その症状を「坐骨神経痛」と呼びます。
このように、痛みや痺れといった日常生活に大きな支障を来す症状が出てしまう椎間板ヘルニア。
放置しておくとさらに症状が酷くなることが多いため、少しでもおかしいと思ったらすぐに鍼灸院に行き診断を受けましょう。

MENU